• 私たちは、近代建築をテーマに、建築文化や景観まちづくりに関する研究を行っているグループです。

近代建築紹介

「宮市商参会館保存要望」の記事が掲載されました!

防府市栄町筋に建つこの近代建築の保存に関しては、昨年の12月10日に、「旧宮市商参会館の曳家移転方式による保存活用に関する要望書」を防府市長・防府市教育長宛てに提出したところです。この建物を巡る動向、及び保存活用に関する ...

続きを読む

やまぐち近代建築ノート連載 第20回「旧秋田商会ビル」~大正期の新様式と職住近接~

2021年2月7日(日)、山口新聞に第20回記事が掲載されました。大正時代の2棟目。大正4年に建設された「旧秋田商会ビル」は、セセッション様式の造型、RCの構造、階層分離の緻密な平面計画、いずれも素晴らしい。今は市指定で ...

続きを読む

やまぐち近代建築ノート連載 第19回 「旧小野田セメント山手倶楽部及び別館」~夢を形に 自社製真三ブロック~

2021年1月24日(日)、山口新聞に第19回記事が掲載されました。今回から大正時代。大正3年に建設された「旧小野田セメント山手倶楽部及び別館」。倶楽部建築とは、民間企業の役員などの社交場として使用されたもの。当時の企業 ...

続きを読む

ハイブリッド型で「第113回近代建築研究会&NPOまちのよそおいネットワークミーティング」を実施!

2021.01.16日(土)、第113回研究会を実施しました。コロナ対策として3密を避け、会場集合は5名、Zoomによるオンライン参加も5名と、初めてハイブリッド型で行いました。段取り、セッティングがなかなか大変…。 ホ ...

続きを読む

やまぐち近代建築ノート連載 第18回「伊藤公記念館(旧伊藤博文邸)」~館に託した伊藤公の望郷の念~

12月27日(日)、山口新聞に第18回記事が掲載されました。今回取り上げたのは、明治43年に建設された「旧伊藤博文邸」。伊藤の邸宅と言えば、東京から部分移築された和風の「萩別邸」、茅葺き屋根の民家風「金沢別邸」(横浜市) ...

続きを読む

宮市商参会館が解体される!~NPOまちのよそおいネットワークから、「保存活用要望書」を防府市長・防府市教育長宛てに提出しました!

令和2年12月10日(木)、市が解体に向け準備を進めている「宮市商参会館」について、 (1) 「宮市商参会」の活動拠点として記念碑的な建物であること(2) 近代建築としての建築史的、文化的価値を有していること(3) 栄町 ...

続きを読む

やまぐち近代建築ノート連載 第17回「旧宮崎商館」~生き続ける五連アーチの商館~

12月6日(日)、山口新聞に第17回記事が掲載されました。今回のテーマは明治40年に建設された「旧宮崎商館」。商人が営業をする建物ですが、特に、外国商人の営業所を指します。かつて下関港は、県内外の石炭を貯蔵し、搬出する給 ...

続きを読む

やまぐち近代建築ノート連載 第16回「柳井市町並み資料館(旧周防銀行本店)」~銀行建築を救った転用と曳家~

11月22日(日)、山口新聞に第16回記事が掲載されました。今回のテーマは地方銀行。明治40年に建設された「周防銀行本店」。今も「柳井市町並み資料館」として使われ続けている秘訣は何か?私は、繰り返しの「転用」と、都市計画 ...

続きを読む

第112回近代建築研究会&NPOまちのよそおいネットワークミーティングを実施!

10/24日(土)、小郡幼稚園見学会の後、14:00~17:00まで研究会を実施しました。 画像上左:ミーティング風景。今村氏から、下関市立体育館の帆便活動その後について語る。ドローン映像も流しました。画像上右:私の作成 ...

続きを読む

やまぐち近代建築ノート連載 第15回「下関市上下水道局高尾浄水場」~今や文化財、明治の水道施設~

11月1日(日)、山口新聞に第15回記事が掲載されました。今回のテーマは上水道。明治も中頃になると、都市への人口の流入、外国人の往来、コレラ等悪疫などへの対策として、水道の近代化が徐々に進んでいく。全国で給水開始が最も早 ...

続きを読む