• 私たちは、近代建築をテーマに、建築文化や景観まちづくりに関する研究を行っているグループです。

令和2年度山口県ヘリテージマネージャー・ステップアップ講座(第3回 後半)

▲ 長門湯本の町並みウォッチング(案内人:木村大吾氏)

令和2年10月10日(土)、HMS講座第3回目後半は、長門湯本温泉街のリノベーションの視察でした。
先に湯元温泉旅館協同組合2回会議室で、この地区のリノベーションを手掛けられた木村大吾氏による講演を聴き、後に、音信川周辺の木村氏の手になるリノベーション事例の説明を受けつつ、町並み巡りを行いました。
ここでは、この春に星野リゾートの進出を機に、音信川の護岸整備、町並みの修景、民家のリノベーションが同時に進められています。まだ着手して三年目ということですが、河川護岸の歩道は歩きやすくなっていましたし、老朽化したお店も何件か修景に協力していました。
木村氏は古い民家を自ら買い取り、「だいご長屋」として再生整備中。これから新しい店舗として蘇るようです。
今後これらの動きが長門湯本温泉街の再生につながるか、大いに期待したいと思います。 

〔第3回講座〕
日時 令和2年10月10日(土)9:30~16:30
場所 長門市日置古市の民家と町並み→長門市湯本温泉街のリノベーション
1 視察1 古市内民家視察 中野別宅→吉村家(旧薬局)→中野本家(旧呉服店)  
       案内人:石本治氏、山根満広氏
2 長門湯本のリノベーションについて  木村大吾 氏/㈱金剛住機取締役
3 視察2 リノベーション事例(古民家をカフェに、旧宿舎を店舗に)

※コロナ対策として、体温測定を行い、3密を避け、マスクを着けて実施いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。