• 私たちは、近代建築をテーマに、建築文化や景観まちづくりに関する研究を行っているグループです。

令和元年度山口県ヘリテージマネージャー養成講座(第5回)

萩市明倫学舎をメイン会場に開催された「山口県ヘリテージ・マネジャー養成講座」第5回の概要をお伝えします。会場の明倫学舎は、元小学校が地域の観光情報発信拠点となっているリノベーションの先進事例。また再生古民家事例として「今魚店(いまうおのたな)」も視察。やはり城下町萩は、文化財建造物がたくさんあって、見ごたえがありますよね。
HMのこれからの仕事がたくさん出てきそうです。

〈 内容 〉

日時:令和元年10月19日(土)9時30分~16時30分
場所:萩市 萩・明倫学舎

1 講義 9:30~10:50
萩市の歴史まちづくり ~歴史的建造物は地域社会にどう貢献できるか~
講師:萩市観光政策部 部次長 大槻 洋二

2 講義・視察
(1) 昭和の木造近代建築 萩・明倫学舎保存整備について 11:00~11:30~本館・弐号館の改修を終えて~
講師:萩市土木建築部 部長 須山 靖夫

(2) 萩・明倫学舎本館視察 11:30~12:00

3 視察
(1) 国指定重要文化財熊谷家住宅と公開展示手法 13;00~13;40
(2) 再生古民家 今魚店(いまうおのたな)の家とそのデザイン 13:50~14:30

4 視察 14:40~15:20
国指定史跡萩城城下町(世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」)地区

5 講義 15:40~16:30
歴史的建造物の調査と評価の考え方~ヘリテージマネージャーの領域として~
講師:萩市観光政策部 部次長 大槻 洋二

▲ HM講座第5回 萩の模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。